日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2007年04月18日 お知らせ

国交省/ベトナムでAPEC港湾保安訓練

国交省/ベトナムでAPEC港湾保安訓練
ベトナムのホーチミンで、ISPSコード実施支援プログラムの一環として、日本主導のセミナー「APEC港湾保安セミナー・イン・ホーチミンシティ」が開催された。アジア太平洋経済協力会議(APEC)とベトナム運輸省海運局が主催し、開催期間は10-12日の3日間。セミナーでは、ベトナムの港湾保安担当職員約50人を対象とされ、港湾保安に関する訓練や監査などの講義や机上演習のほか、サイゴン港での演習も行われた。この支援プログラムは、ISPSコードの効果的な実施が求められるAPEC加盟国を対象として2005年から実施されている。これまでに日本はインドネシア(05年12月)、ベトナム(同)、マレーシア(06年6月)のセミナーを主導

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP