日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2014年10月24日 お知らせ

国連/ソマリア周辺密輸疑義のあるボートに立入検査することを承認

国連/ソマリア周辺密輸疑義のあるボートに立入検査することを承認
国連安保理が、ソマリア周辺で武器、木炭を密輸している疑いのあるボートに立入検査することを承認した。ロシアとヨルダンは承認投票を棄権。決議では検査を行うために「必要な方法すべて」をとることを承認している。安保理は1992年にソマリアへの武器禁輸を決定、また2012年2月にソマリアからの木炭輸出を禁止した。英国の国連大使は、木炭はアルシャバブの命綱であるとしている。ソマリア/エリトリア監視グループによると、過去2年間の木炭密輸は少なくとも2.5億ドル(約270億円)相当にのぼり、密輸の3分の1がアルシャバブ関係によるものとしている。また、2013年6月から2014年5月までにソマリア南部のキスマヨ港とブラヴァ港から161隻が木炭を輸出しており、目的地は主にアラブ首長国連邦、オマーン、クエートであり、60%がインド船籍またはインドの船主が所有しているとしている。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP