日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2017年06月21日 お知らせ

国際アムネスティがEUのリビア沿岸警備隊支援を批判

国際アムネスティがEUのリビア沿岸警備隊支援を批判
国際アムネスティはEUによるリビア沿岸警備隊支援について、難民が送還され不法な勾留や拷問、強姦にさらされるリスクに目をつぶるものであると批判している。リビア沿岸警備隊は過去に、難民に対する虐待で訴えられており、リビアに連れ戻された難民が収容される監獄や収容所は、過酷な環境にあるといわれている。EUはリビア沿岸警備隊に対し訓練や船艇供与の支援を行っているが、欧州対外行動局によれば、訓練には人権や女性の権利保護の分野も含んでいるとしている。欧州委員会副委員長は、リビア沿岸警備隊の強化はリビア領海の治安向上に寄与し、安全な漁業活動など、リビアに新たな経済活動をもたらすと述べている。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP