日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2012年03月13日 お知らせ

太平洋・島サミット/沖縄で5月25-26日。アジア重視、米国が初参加

太平洋・島サミット/沖縄で5月25-26日。アジア重視、米国が初参加
太平洋島しょ国・地域の首脳と日本の首相が沖縄に集まり、太平洋諸島の課題や将来を話し合う第6回「太平洋・島サミット」が5月25-26日に沖縄県名護市で開催される。中国の海洋活動が活発化する中、アジア太平洋重視の戦略を打ち出す米国が初めて参加予定。太平洋・島サミットは、太平洋島しょ国・地域が直面する課題について首脳レベルが意見交換し、緊密な関係を構築するため1997年から3年に一度開催されている国際首脳会議。今回は日本とクック諸島が共同議長を務め、ミクロネシア連邦、フィジー諸島、キリバス、マーシャル諸島、ナウル、ニウエ、パラオ、パプアニューギニア、サモア、ソロモン諸島、トンガ、ツバル、バヌアツ、オーストラリア、ニュージーランド、米国の18カ国・地域が参加する。サミット開催に合わせ、沖縄県は環境をテーマに「高校生太平洋・島サミット」を5月23-26日に同県宮古島市で開催する。首脳会議参加の太平洋島しょ国・地域、オーストラリア、ニュージーランド、日本の高校生を招待し、将来を担う若い世代の相互理解や友好関係の促進を目的としたもので、沖縄の日本復帰40周年事業の一環として実施される。会合の成果はサミット参加首脳に提言予定。沖縄県は第6回太平洋・島サミット開催に向け昨年11月2日に交流推進課内に実施支援チームを立ち上げたほか、同12月8、9の両日、同サミット参加国・地域のうち11カ国・地域の若手行政官による訪問団を受け入れた。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP