日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2013年01月10日 お知らせ

尖閣警備、400人専従へ 海保、定年延長で人員確保も

尖閣警備、400人専従へ 海保、定年延長で人員確保も
沖縄・尖閣諸島周辺で海上保安庁が進める領海警備の強化策の全容が判明。巡視船12隻態勢で、乗組員となる職員400人規模の尖閣専従チームを新設。新規採用枠の拡大では足りず、定年延長の枠組みを新たに検討する。12隻態勢をつくるため、今年度補正予算で1千トン級の巡視船6隻の新造を要求し、2015年度までに就航させる。さらに、今年秋の6,500トン級「あきつしま」の就航で退役予定だった巡視船など、古い3千トン級の2隻を改修し、領海侵入を繰り返す中国公船に対応できるよう最高速度を上げる。鋼鉄製の巡視船の耐用年数は通常は25年程度だが、全面改修で15年ほど寿命を延ばす。今年度予算の予備費で新造が認められた1千トン級4隻も、尖閣専従として14年度から順次就航させる。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP