日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2016年07月12日 お知らせ

常設仲裁裁判所/南シナ海問題に関し比の申し立てを認める拘束力のある裁定

常設仲裁裁判所/南シナ海問題に関し比の申し立てを認める拘束力のある裁定
常設仲裁裁判所は、国連海洋法条約の仲裁裁判に関する附属書VIIに基づき、フィリッピン政府の中国政府に対する訴えを全員一致で支持する裁定を下した。仲裁の対象としては、南シナ海における中国の歴史的な権利と海洋権益の根拠について、海洋構築物の法的位置づけと、その法的位置づけに基づき主張できる海洋権益の範囲、フィリピン政府が海洋法条約違反と主張する中国政府の行為の違法性の有無について裁定が下された。同条約の下での強制力を持つ紛争解決手続きの限界から、同裁判所は領土の主権の問題、両当事国間のいかなる境界の設定については、判断を行っていない。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP