日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2013年01月21日 お知らせ

日印の海上保安機関長官/西インド洋沿岸国の能力強化方針で合意

日印の海上保安機関長官/西インド洋沿岸国の能力強化方針で合意
海上保安庁とインド沿岸警備隊の日印両海上保安機関が、東京都内で長官級会合を開き、西インド洋沿岸国の海上法執行能力向上(キャパシティービルディング)のための連携強化を進めることを確認。両機関では2012年1月の会合で、インド西岸まで活動範囲を広げるソマリア沖海賊への対策として、周辺海域のパトロールを強化することなどに合意しており、以後、日本関係船舶の海賊被害は報告されていない。これを受け、今回の会合では同合意が効果的だったと総括したうえで、他の西インド沿岸国のキャパシティービルディングが喫緊の課題であるとして、両国で連携した取り組みを強化していくとした。同会合は1999年のアロンドラ・レインボー号の海賊襲撃事件を契機に2000年から年1回のペースで行われている。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP