日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2010年11月22日 お知らせ

日本船主協会発表/日本政府の働き掛けに礼状

日本船主協会発表/日本政府の働き掛けに礼状
日本船主協会が、国土交通相に対し、同協会が警戒を強めているケニア沖などでの海賊襲撃事件をめぐり、周辺国政府による対策が強化されたことなどを報告する礼状を提出したことを明らかにした。これによると、ケニア沖ではケニア海軍による哨戒活動が強化されているほか、モンバサ港入港船に対するエスコート(護衛)が実施されるケースもあるという。船協では10月19日にケニア・タンザニアなど関係国への日本政府の働き掛けを求める要望を行っており、海事局では同要望を受けて外交ルートを通じて警備強化などを求めていたことを明らかにしていた。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP