日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2019年12月16日 お知らせ

日本郵船、サイバー保安認証を取得。NKから第1号

日本郵船が、同社グループの船舶管理会社「NYK LNGシップマネージメント」(LNGSM)が日本海事協会(NK)からサイバーセキュリティーマネジメントシステム(CSMS)の認証を取得したと発表。
NKによる初のCSMS認証事例となる。
今回の認証の対象は、LNGSMと同社が管理するLNG船「PACIFIC MIMOSA」。郵船の本社(東京都)で16日に開かれた認証授与式にはNKの冨士原康一会長や郵船の丸山英聡専務経営委員、
小山智之常務経営委員、LNGSMの桑原敦郎社長らが出席した。
船舶運航のデジタル化進展に伴い、外部からのサイバー攻撃リスクも高まっている。CSMSはNKが3月に発行したサイバーリスク管理に関するガイドライン。
社内や船上でのサイバーセキュリティー管理システムの確立・実施・維持・継続的な改善のための活動指針となる。
郵船は現在、ノルウェーの海事IT企業デュアログと同国政府系ファンドのイノベーション・ノルウェーと共に、船舶向けサイバーリスク管理システムを共同開発している。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP