日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2014年08月25日 お知らせ

東京・パリMOU/9月から集中査察。当直者の休息時間に焦点

東京・パリMOU/9月から集中査察。当直者の休息時間に焦点
東京MOUとパリMOUが9月1日から11月末までの3ヶ月間、特定項目について集中的にPSC(寄港国検査)を行う集中検査キャンペーン(CIC)に取り組む。今回の検査対象事項は「船員の休息」で、特に当直担当者に焦点を当て、STCW条約(船員の訓練・資格証明・当直の基準に関する国際条約)に基づく休息時間の徹底を求める。両機関によるキャンペーン告知では、違反船には航行停止処分を課す可能性があるとし、同処分を受けた場合には月例の処分船リストに船名を掲載すると警告している。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP