日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2016年04月25日 お知らせ

東京税関/連携深め水際対策を強化。3機関合同パトロール

東京税関/連携深め水際対策を強化。3機関合同パトロール
伊勢志摩サミット(主要国首脳会議)開催を約1ヶ月後に控え、東京税関は、東京海上保安部、東京湾岸警察署とともに、羽田空港に近い東京湾岸で合同出動式と海上パトロールを行った。東京港の海上警備機関の連携・協力体制を深め、水際でのテロ対策を強化する。出動式では、東京税関監視部長、海上保安部長、湾岸警察署長らが、「テロには、十分な警戒が必要。海の治安機関は連携を強固にし、水際の危機管理を徹底していく」と話した。出動式後、各機関はそれぞれ分かれて、合同海上パトロールを行った。東京税関職員らは、監視艇「あさひ」に乗り込み、海上から密輸入をはじめとする不審船や不審者の警戒に当たった。合同警備は、今後も定期的に続けられる予定。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP