日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2009年09月04日 お知らせ

東京MOU/PSC委に15の国・地域

東京MOU/PSC委に15の国・地域
国土交通省が、東京MOUの第19回PSC(ポートステートコントロール)委員会の審議結果を発表。東京MOUはPSCに関するアジア太平洋地域の協力組織。同会議は8月24-27日にパプアニューギニアのポートモレスビーで開催、15の国と地域の海事当局者が出席。東京MOUでは通常のPSCに加え、特定のテーマを重点的に一定期間、各国一斉に集中検査キャンペーンを実施している。2009年の東京MOUの集中検査テーマを「救命艇の進水装置」とし、パリMOUと連携し、9月1日から11月30日まで実施予定。東京MOU域内での拘留率(PSC実施件数に対する拘留処分の割合)が発表され、日本の08年の拘留率は4・8%で、07年の4・6%を上回った。また同域内での目標臨検率が75%から80%に引き上げたことも報告された。今後の予定として、第20回PSC委員会を10年6月にベトナムのハノイで開催予定。また東京MOU締結20周年の13年秋には日本で委員会を開催する方向で検討することが合意された。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP