日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2016年02月22日 お知らせ

欧州刑事警察機構(Europol)報告/大量の難民密航斡旋で犯罪ネットワークに数十億ポンドの利益

欧州刑事警察機構(Europol)報告/大量の難民密航斡旋で犯罪ネットワークに数十億ポンドの利益
欧州刑事警察機構(Europol)の新しい報告書によると、EUに渡航する難民の90%は犯罪組織の斡旋によるもので、昨年は100万名がEUに到着。密航斡旋ネットワークは20から40億ポンドの利益を得ていると見積もられている。密航斡旋に関わっている4万名以上の情報を得ているEuropolは、陸路と海路への取締り強化に伴い、今後は空路での密航斡旋が増えることを予測。欧州のEMSC(European Migrant Smuggling Centre)、EC3(European Cybercrime Centre) 、ECTC (European Counter Terrorism Centre)などの機関はEU各国の密航斡旋ネットワーク解体への取り組みを支援し、情報交換や協力体制改善に努めている。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP