日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2013年11月13日 お知らせ

武装警備法成立/日本船の「丸腰」解消へ

武装警備法成立/日本船の「丸腰」解消へ
日本籍船に武装した警備員の乗船を認める特別措置法(海賊多発海域における日本船舶の警備に関する特別措置法)が、参院本会議で採決が行われ、賛成多数で可決、成立。ソマリア沖を中心とする海賊問題が長期化する中で、商船の有効な自衛手段となっている武装警備員が日本籍船でも導入できるようになる。武装警備員はパナマ籍ほか代表的な便宜置籍(FOC)船でいち早く導入が認められたが、主要海運国での法整備には時間がかかった経緯がある。最近では関係法が未整備なのは日本とギリシャを残すだけで、武装警備員を乗せられず「丸腰」であることが明らかな日本籍船が海賊に狙い撃ちされる懸念が高まっていた。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP