日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2018年05月30日 お知らせ

比/中国に示す3つの「レッドライン」

南シナ海の領有権問題に関しては中国に対し敗北主義的発言を行ってきた比ドゥテルテ大統領であるが、国内からの圧力を受け、この問題において中国が越えてはならない「レッドライン」を示し、強硬な姿勢に転じたようにも見受けられる。比外相が示した3つの「レッドライン」とは以下のとおりであり、中国がこれを侵せば戦争も辞さないとしている。
①中国が実効支配し、比が領有権を主張するスカボロー礁での更なる埋立てあるいは施設建設。
②セカンドトーマス礁に派遣されている比海兵隊への威嚇。③比EEZにおける、石油やガス等の天然資源の一方的な開発

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP