日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2018年06月11日 お知らせ

比/中国官憲による違法な漁獲物没収に抗議

比政府報道官は記者会見で、比が領有権を主張するスカボロー礁周辺で操業する比漁船から、中国官憲が漁獲物を違法に没収しているとして、このような行為を止めるよう求めると述べた。スカボロー礁は2012年以降中国が実効支配しているが、2016年に中国は比漁民の操業を容認することを明らかにしている。
スカボロー礁周辺は水産資源が豊富で、比北部の漁民の多くがこの海域での漁業に生計を依存している。
記者会見に同席した比漁民によれば、中国官憲は日常的に比漁船に乗り込んできて、良い魚を選んで持ち去っていくという。中国側はこの件について内部調査を約束しているという。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP