日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2009年01月13日 お知らせ

海事局発表/08年のPSC、処分対象は前年並み

海事局発表/08年のPSC、処分対象は前年並み
国土交通省海事局が明らかにした2008年のPSC(ポート・ステート・コントロール)結果によると、国際条約が定める基準に対する重大な不適合で航行停止命令などを課された船舶は前年から1隻増と前年並みの242隻だった。旗国別内訳は、カンボジア106隻、パナマ52隻、ベリーズ15隻、韓国11隻、グルジア、シエラレオネが各8隻、ロシア6隻で、これらが全体の85%を占めた。昨年12月に航行停止命令などを課された船舶は15隻。旗国別内訳はカンボジア7隻、キリバス3隻、パナマ、韓国が各2隻、シンガポール1隻

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP