日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2019年10月04日 お知らせ

海保庁、連携協力で「共同宣言」。太平洋サミットの結果公表

海上保安庁が、9月30日から5日間、ロシア・ウラジオストクで開いた「第20回北太平洋海上保安フォーラムサミット」の結果概要を発表。日本、ロシア、中国などの6カ国が参加した同サミットでは、北太平洋の治安の維持と安全の確保に向けた多国間での連携・協力を確認する「共同宣言」を採択。次回は米国で開催することが決まった。
会合では、北太平洋の公海での漁業監視共同パトロールの実施について報告があったほか、各国の密輸・密航などの不法取引やセキュリティー対策に関する好事例などを共有した。
これに加え、今年6月に日本で実施した、東京五輪・パラリンピックの海上警備対策と救助対策をテーマにした多国間多目的訓練について、評価などをした。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP