日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2011年10月28日 お知らせ

海保庁発表/アジア海保長官級会合、能力向上行動計画を採択

海保庁発表/アジア海保長官級会合、能力向上行動計画を採択
海上保安庁が、ベトナム・ハノイで26、27の両日開かれた第7回アジア海上保安機関長官級会合の結果を発表。同会合の主要テーマであるキャパシティービルディング(海上保安能力の向上)について、今後5年間の各国の目標や取り組み手法を取りまとめたアクションプログラムを採択。将来の同分野での各国取り組みと各国間協力のベースに位置付けることを確認。また、マラッカ・シンガポール海峡の海賊問題以外のテーマも取り上げるようになった今回は、大規模災害への対応について各国が対応経験を報告。次回の会合で大規模災害時のベストプラクティス(最適対処モデル)のとりまとめを目指すこととされた。このほか毎年開催の同会合が3年後に第10回の節目を控えていることを踏まえ、キャパシティービルディングのほか広範な海上保安業務にかかわる具体的な協力の方策とスケジュールを次回会合で議論することが決定された。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP