日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2014年03月10日 お知らせ

海保庁発表/ジブチへ海賊移送訓練。スリランカ経由

海保庁発表/ジブチへ海賊移送訓練。スリランカ経由
海上保安庁が、ソマリア沖アデン湾に派遣している同庁捜査隊が海賊を逮捕して日本への身柄移送を行う場合に備え、拠点となるジブチまでガルフV航空機を飛ばしての慣熟飛行と移送訓練を行うと発表。訓練に伴って派遣されるのは21人。16-21日の6日間の日程で、帰路にはスリランカを訪問し政府関係者と海賊対策についての意見交換を行う。同訓練の実施は今回で3回目で、2010年にジブチとの間で交わした海賊逮捕時の護送に関する取り決めを基に行っている。11年3月にオマーン沖で日本関係船がハイジャックされた事件では、制圧・救出活動を行った米海軍から引き渡された海賊4人を同訓練に倣った手順で日本まで移送し、日本国内での裁判が実現している。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP