日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2014年02月19日 お知らせ

海保庁発表/13年の海上犯罪送致:3.3%減の7,201件

海保庁発表/13年の海上犯罪送致:3.3%減の7,201件
海上保安庁が、2013年の海上犯罪取り締まり実績を発表。13年の海上犯罪の送致件数は7,201件で対前年比で247件(3.3%)減少。送致の根拠となった法令別の内訳は海事関係法令が41.3%と最も多く、次いで漁業関係法令(34.1%)、刑法など(11.7%)、海上環境法令(9.2%)。 海事関係法令違反の送致件数は2,975件。このうち無検査航行や定員超過、区域外航行など船舶安全法違反が1,300件で44%を占めた。船員法の違反は638件で全体の21%。無資格運航などを禁じる船舶職員法・小型船舶操縦者法違反が403件で14%を占めた。海上環境関係法令違反では、海洋汚染・海上災害防止の法律違反が436件で66%を占めた。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP