日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2006年11月28日 お知らせ

海保庁/インド洋で官民海賊対策訓練実施

海保庁/インド洋で官民海賊対策訓練実施
海上保安庁が、国土交通省海事局、日本船主協会、川崎汽船とともに海賊対策の官民連携訓練を実施。インド洋(公海上)で海賊の襲撃を受けたことを想定した訓練で官民の連携が目的。訓練では、海賊に襲撃された川崎汽船所有のLNG(液化天然ガス)タンカーが船舶警報通知装置(SSAS)で本社や関係官庁に通知。海上保安庁は川崎汽船に事実関係を確認、海賊対策室を設置してインド洋を哨戒中の巡視船「しきしま」を現場に派遣。その後LNGタンカーの回避行動により海賊は乗り込みをあきらめ逃走。「しきしま」と搭載機は不審な船舶の捜索を行ったが発見できず、訓練を終了

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP