日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2015年05月14日 お知らせ

海保庁/外国機関向け研修、東ティモールなど初参加

海保庁/外国機関向け研修、東ティモールなど初参加
海上保安庁が、2015年に実施する海上犯罪取り締まり研修の詳細を発表。5月19日-6月13日までの約4週間の日程で、海賊や密輸・密航対策の講義や、逮捕術、鑑識の実技研修などのカリキュラムを予定。同研修事業は従来、アジア各国の海上保安機関を対象としていたが、ソマリア沖海賊への対処の観点で08年度から東アフリカ諸国の海上保安機関にも対象を拡大し、今年は同地域からジブチ、ケニア、ソマリアが参加。またミクロネシアと東ティモールが初参加。同事業は00年に東京で開催された「海賊対策国際会議」で合意した「アジア海賊対策チャレンジ2000」に基づき、毎年、国際協力機構(JICA)と共同で行われているもので、今回で15回目を数える。今回の参加者はマレーシア、ミクロネシア、フィリピン、セーシェル、スリランカ、東ティモール、ベトナム、インドネシア、ジブチ、ケニア、ソマリア-の11ヶ国から17人

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP