日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2007年04月09日 お知らせ

海保庁/海賊・海上武装強盗情報の拡充提供開始

海保庁/海賊・海上武装強盗情報の拡充提供開始
海上保安庁が公表したところによると、民間のIMB(国際商業会議所・国際海事局)によれば、近年、全世界における「海賊及び海上武装強盗 Piracy and Armed Robbery against Ships at Sea」(以下 海賊)は減少傾向にあるものの依然として多発。例えば、2006暦年においては、全世界で239件の海賊事件が発生しているなか、国際海上輸送の要衝であるマラッカ・シンガポール海峡をはじめとする東南アジア海域においてその約4割が発生している。そこで、海上保安庁では、IMBから報告のあった情報を元に、主に東南アジア海域における海賊情報を随時提供するというもの。従来の海賊情報を拡充・提供する。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP