日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2018年12月07日 お知らせ

海保庁/能力向上に貢献。比にMCT派遣

海上保安庁が4日から7日まで、モバイルコーポレーションチーム(MCT)職員3人をフィリピンへ派遣した。比沿岸警備隊(PCG)から、高速小型艇の維持管理・運用に関する指導要請を受けたため。現地での訓練では、日本政府が供与した巡視船搭載の高速小型艇を用いた指導などを行い、PCG隊員の能力向上に貢献した。
MCT職員3人はフィリピンで、日本政府が供与した巡視船の乗組員15人に対して訓練を実施。高速小型艇の入出港や急加速・急停止などの基本操船訓練や、巡視船搭載のクレーンを使用し母船から高速小型艇を出動させるための吊り上げ・降ろしに取り組んだ。
高速小型艇に備え付けてある船外機の整備に関する研修もした。
MCTは昨年10月、海上保安国際協力推進官を責任者とする7人体制の能力向上支援の専従部門として発足。外国海上保安機関の能力向上支援のため、各国に職員を派遣し研修などを行っている。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP