日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2016年08月31日 お知らせ

海洋状況把握(MDA)には情報分析能力の向上が必要

海洋状況把握(MDA)には情報分析能力の向上が必要
米海軍情報局次長が米国海軍リーグで海洋状況把握(MDA)について講演を行った概要以下のとおり。MDAをより効果的に行い、関係する政府機関や同盟国に情報をより早く伝達するためには、情報分析能力と要員の拡充が必要である。貨物船上などからの海上からのテロリストによる攻撃を防止するため、2001年の9月11日以来、海事関係の情報統合能力の向上に取り組んでおり関係機関が協力して、テロリストの攻撃経路の封じ込めなどを行ってきた。米海軍情報局は日常的に1日に100万の船舶の動向と数百万の貨物の動向を分析しており、こうした膨大なデータを合理化し、分析する能力の向上が必要である。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP