日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2007年10月28日 お知らせ

海賊が、日本海運会社管理船ケミカルタンカーをジャック

海賊が、日本海運会社管理船ケミカルタンカーをジャック
パナマ船籍で日本の海運会社が管理するケミカルタンカー(6,253トン)がソマリア沖で海賊に乗っ取られた。米軍関係者によると30日現在、米軍の誘導ミサイル駆逐艦(アーレイバーク)がソマリア領海に入り、タンカーを追跡。また、複数の関係者によると、ソマリア領海に入る際には、首都モガディシオを拠点とする同国暫定政権の許可を取得。米艦船はここ数年、海賊追跡の際には領海の外側にとどまっていた。タンカーは28日に救難信号を発信。アーレイバークが追跡を開始する前、同型の駆逐艦ポーターがタンカー後部につながれていた海賊の小型船2隻を砲撃して沈めた。タンカーに引火性の高いベンゼンが積まれていたかは不明

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP