日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2012年06月20日 お知らせ

海賊が日本企業管理のタンカー船を銃撃―オマーン沖

海賊が日本企業管理のタンカー船を銃撃―オマーン沖
ロイターによると、オマーン沖で海賊が銃弾や携行式ロケット弾(RPG)を液化天然ガス(LNG)のタンカー船に向けて発射し、うち3発が船を直撃した模様。国際海事局(IMB)が明らかにした。IMBは「ダウ船に乗った拳銃やRPGで武装した海賊は航行中のLNGのタンカー船に向けて発砲。ダウ船はタンカー船の50メートル手前まで接近し発砲、うち3発が直撃した」と述べた。IMBは、タンカー船は海賊から乗っ取られることはなかったと述べたが、船にRPGが直撃したのかどうかについては明らかにしていない。LNG業界筋の21日の話では、攻撃を受けたのは日本の商船三井が管理する「LNGアリエス」

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP