日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2017年09月26日 お知らせ

第4次SAFEMED第1回運営委員会がEMSAで開催

第4次SAFEMED第1回運営委員会がEMSAで開催
海上安全・海上環境保護は地中海沿岸のEU諸国・非EU諸国の共通の関心事項なので、欧州海上保安庁(EMSA)は、同地域の安全・保安・海上環境を担当する職員の資質の向上のため、関係国と欧州・世界的な関係者を集めてSAFEMED事業を実施している。2017年3月16日から、アルジェリア・エジプト・ヨルダン・レバノン・リビア・モロッコ・パレスティナ・チュニジアの8か国・地域を対象にして、総額4,000万ユーロの予算で第4期事業を開始している。9月25日から26日にかけて、EMSA本部に援助対象国に加えて、欧州委員会関係者、オブザーバーとして、トルコ・西地中海交通研究センター(CETMO)・伊沿岸警備隊・地中海MoU・地中海海上汚染緊急対応センター(REMPEC)が参加して、第1回運営委員会が開催された。各分野の主要事業が報告され、それぞれの行動計画が承認された。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP