日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2006年10月10日 お知らせ

米国ライス長官が危機感「北朝鮮は重要な一線越えた」

米国ライス長官が危機感「北朝鮮は重要な一線越えた」
ライス米国務長官は米主要テレビのインタビューに相次いで応じ、北朝鮮の核実験実施発表について「北朝鮮は重要な一線を越えた」と語り、核兵器計画を「今こそ止めなければならない」と危機感をあらわにした。国連安全保障理事会の制裁決議に加え、大量破壊兵器の拡散防止構想(PSI)などで圧力を高め、北朝鮮を6者協議の場へ引きずり出すとの考えも示した。長官はインタビューで、北朝鮮に強い影響力を持つ中国と韓国が北朝鮮非難を強めていることへの手応えも強調。「北朝鮮がどこまで孤立に耐えるのか見てみよう」などと述べた。中国についてはさらに、「北朝鮮の主要な資金提供者」と位置づけ「中国が援助を停止すれば(北朝鮮の)体制を困難に追いやるだろう」と主張。 ただ、長官は「外交の道は開かれている」と改めて表明。「制裁と圧力により(北朝鮮を)6者協議に復帰させるチャンスはある」として、外交的解決にこだわる姿勢を示した。米国では、「北朝鮮の核実験が日本などの核武装論につながるのでは」との指摘が一部で出ており、ライス長官はこれについて「日本の核武装による地域の核バランスの変化が安全保障状況の改善につながるとは、誰も考えていない。我々は日本を信用している」と語った。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP