日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2006年04月06日 お知らせ

米国ワシントン州シアトル港で密航事件

米国ワシントン州シアトル港で密航事件
5日未明(現地時間)、米国ワシントン州シアトル港湾警備当局が、中国上海で積み込まれたコンテナの中から、中国人密航者22人(男性18人、女性4人で、いずれも推定20-30歳代)を摘発、拘束。全員、健康上の問題はない模様。密航者は、長さ約12メートル、高さ約2メートルのコンテナに約2週間潜んでおり、内部には飲料水や食料、毛布などが持ち込まれ、トイレも設置してあった。 密航者が潜伏していた、コンテナを積んでいた船の所有者は、明らかになっていないが船籍はリベリアの模様。米税関国境警備局の報道官は、拘束した22人が犯罪組織やテロに関連する証拠はないとしている。地元紙によると、密航者が潜んでいた型のコンテナには、一般的に家具やおもちゃ、コンピューター、バイクなどが積まれることが多いため、通常の重さよりも軽いことに気付いた港湾職員が、検閲が必要との印を付けていた。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP