日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2018年03月23日 お知らせ

米国/南シナ海で航行の自由作戦を実施

複数の米国当局者によれば、3月23日、米海軍駆逐艦「マスティン」が、南シナ海で中国が人工島を造成している
スプラトリー諸島ミスチーフ環礁の沿岸12マイル以内を航行する「航行の自由」作戦を実施した。
中国国防省は、中国艦船2隻がこれに対応し確認と警告を行ったことを明らかにするとともに、米艦の行動は中国の主権と安全保障に対する深刻な侵害であり、
地域の平和と安定を阻害するものとして批判した。
また、このような行動は両国軍の近接と不測の事態を招き易く、中国にとって深刻な政治的軍事的挑発であると付け加えた。
一方、中国軍公式紙は23日、中国海軍が南シナ海で戦闘演習を行う予定を発表。同紙はこの演習を年間計画に従ったものとしている。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP