日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2016年09月03日 お知らせ

米大統領が中国に南シナ海における国際法の順守を改めて要求

米大統領が中国に南シナ海における国際法の順守を改めて要求
米大統領が中国総書記に対し、南シナ海の領土問題につき中国が法的義務を順守することを求める一方、米国は当該地域の同盟国の利益を守ることを明言。これに対し、中国外務省は南シナ海の主権と海洋権益をこれまでとおり死守することを鮮明にした。オバマ大統領の残りの任期はあと5ヶ月で、11月に選任され1月20日に大統領となる後継者がオバマ大統領が力を入れた太平洋シフト政策を変更しないようにダメ押しをしたいと考えており、東南アジア諸国への最後の公式訪問となるこの機会に、中国の経済・軍事力に脅威を感じている同諸国に米国の支持を改めて示したいと考えている。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP