日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2008年11月17日 お知らせ

米海軍第5艦隊発表/ケニア沖で海賊が大型タンカー乗っ取り、被害船では過去最大

米海軍第5艦隊発表/ケニア沖で海賊が大型タンカー乗っ取り、被害船では過去最大
米海軍第5艦隊(司令部バーレーン)が、サウジアラビアの国営石油会社サウジ・アラムコが所有する大型石油タンカー「シリウス・スター」(318,000重量トン)が東アフリカのケニア・モンバサ南東沖450海里(約830キロ)で海賊に乗っ取られたことを明らかにした。周辺海域で海賊被害に遭った船としては過去最大。同タンカーは乗っ取られた後、ケニア北隣のソマリア・エイル港に近づいている。アラブの衛星テレビ局アルアラビアは、匿名のサウジ当局者の話として、その後タンカーが解放されたと報じたが、米海軍やサウジ・アラムコ社は確認していない。同タンカーには英国、ポーランド、クロアチア、サウジ、フィリピンの計25人が乗り組んでいる。ロイター通信によれば、同船は喜望峰回りの航路で米国に向かっていた。積載している原油の量は不明

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP