日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2011年02月22日 お知らせ

米第5艦隊発表/米人質4人殺害、海賊15人を拘束―オマーン沖

米第5艦隊発表/米人質4人殺害、海賊15人を拘束―オマーン沖
中東のオマーン沖のアラビア海で、米国人4人の乗ったヨット「クエスト号」が海賊に乗っ取られた事件で、米第5艦隊(司令部バーレーン)が、人質全員が海賊に殺害されたと発表。海賊15人を拘束した模様。第5艦隊司令官は、交渉過程で海賊側が突然発砲したと指摘。米大統領報道官によると、大統領は人質の身に差し迫った危険がある場合には、実力行使することを認めていた。第5艦隊は18日にクエスト号が襲撃されたとの通報を受け、駆逐艦など4隻を派遣。500メートル以上離れて監視し、人質解放交渉に当たった。しかし、現地時間22日午前8時ごろ、海賊が突然ヨットから駆逐艦に向けて携行式のロケット弾を発射。直後にヨット内で銃声が聞こえた。海軍特殊部隊がヨットに乗り込み、海賊に銃で撃たれた人質4人を発見し、救命措置を取ったが死亡を確認。海賊側は4人が死亡。うち2人が特殊部隊に殺害され、残り2人の死因は不明。クエスト号にはカリフォルニア州の米国人夫妻と友人2人が乗船。2004年に世界一周の航海に出発し、伝道活動をしていた。 

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP