日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2017年09月01日 お知らせ

米連邦緊急事態管理庁/国内33の港湾に2017年度の港湾保安補助金を分配

米連邦緊急事態管理庁/国内33の港湾に2017年度の港湾保安補助金を分配
米国土安全保安省緊急事態管理庁が、総額1億米ドルの2017予算年度の港湾保安補助金を全米33の港湾に分配した。この予算は、テロリストによる攻撃に対する重要なインフラの防御態勢を強化することを目的に、議会によって承認されており、具体的には港湾全体の海事保安リスク管理の向上・海洋状況把握能力の強化・港湾における保安要員訓練の支援・攻撃を受けた際の耐攻撃能力の向上と港湾機能の早急な機能回復のための海上保安リスク軽減手順の再構築などに充てられる。上記投資にあたっては、港湾保安上の脆弱点を明確にするために米国沿岸警備隊と各地域の海上保安委員会と協議しなければならない。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP