日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2018年04月03日 お知らせ

紅海でサウジ籍VLCC爆発 フーシによる攻撃か

原油を満載して紅海を北上中のサウジ籍VLCCで爆発が発生し、EU海軍によればイエメンの武装組織フーシの攻撃によるものとみられる。サウジの現地メディアの報道では、サウジ主導連合軍の発表ではVLCCは現地時間3日13時30分頃、公海上を航行中に攻撃を受け、連合軍艦艇が直ちに対応し攻撃を退けたとしている。
使われた武器の種類などは明らかになっていない。攻撃によりVLCCは若干の損傷を受けたが、連合軍の護衛を受けて航海を再開しており、積荷の流出や乗員の負傷者は発生していない。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP