日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2013年02月12日 お知らせ

船協/ジブチ政府に食糧支援物資

船協/ジブチ政府に食糧支援物資
日本船主協会が、自衛隊などによるソマリア沖・アデン湾海賊対処の拠点となっているジブチで食糧不足が深刻化していることを受け、同国政府に対して食糧支援物資の提供を行ったと発表。船協が同国に支援物資を提供したのは2011年9月以来2回目。提供された物資は長粒米(タイ米)約2トン。現地までの輸送は、外務省の調整を経て防衛省が担当。 自衛隊の派遣海賊対処行動航空隊の物資輸送に使用される輸送機を活用し、1月10日に航空自衛隊小牧基地(愛知県)を出発。13日にジブチに到着。現地では16日に、ジブチのアルタ州にある小学校3校で、西岡淳駐ジブチ共和国特命全権大使、自衛隊現地調整所長の加藤雅巳1等海佐、ジブチ政府関係者が出席し、 支援物資の引き渡しが行われた。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP