日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2007年06月30日 お知らせ

英首相/アルカイダ系の犯行の可能性示唆、テロ警戒レベル最高に

英首相/アルカイダ系の犯行の可能性示唆、テロ警戒レベル最高に
29日のロンドンでの車爆弾テロ未遂事件と30日のグラスゴー空港での車突入炎上事件について、英国捜査当局は、1日までに逮捕・拘束した5人の身元確認を急ぐとともに、さらに複数の容疑者を追っている模様。ブラウン首相は1日、テレビのインタビューで、警察の捜査についてのコメントはしないとした上で、「一般的な意味で(国際テロ組織)アルカイダと関連がある人々を相手にしていることは明白だ」と語った。逮捕された5人のうち2人が英国内の病院で働いている医師。ほとんどが中東出身であるなどの一部報道が行われているが、当局は確認を拒否。 これまでに、グラスゴー空港で突入した車に乗っていた男2人のほか、イングランド北部の高速道路で男女各1人、リバプールで男1人を逮捕。治安当局者はAP通信に対し、「身元がわかる書類を携行したり、本当の身元を使ったりするような連中ではない」と語った。一方、ロンドンのヒースロー空港で1日、不審な荷物が見つかり、第3ターミナルが一時封鎖されたが、まもなく危険物でないことが判明して再開

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP