日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2013年02月21日 お知らせ

行方不明だったロシアのクルーズ船が米情報機関により発見される

行方不明だったロシアのクルーズ船が米情報機関により発見される
米国情報機関、アメリカ国家地球空間情報局(National Geospatial-Intelligence Agency)は、衛星映像分析により、行方不明となっていたロシアのクルーズ船MV Lyubov Orlova(4,251gt)をアイルランド西沖2,400キロ(49-22.70N, 044-51.34W)で発見したと発表。同船は1月23日、解撤のためにカナダからカリブ海のドミニカ共和国に向けて曳航中にケーブルが切れ漂流し始めた。その後、洋上作業支援船Atlantic Hawk (3157gt)により一時保護された後、再び漂流し始めた。カナダ当局は同船の自動船舶識別装置(AIS)は機能しておらず、位置確認ができないと認めると同時に、船は既に同国領海外へ出ているため関心がないとし、責任は船主にあると述べていた。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP