日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2007年07月09日 お知らせ

豪政府/インドネシアへの渡航を警告

豪政府/インドネシアへの渡航を警告
オーストラリア政府はこのほど、インドネシアでテロが発生する恐れがあるとして、同国への渡航警告のレベルを引き上げた。ダウナー外相は9日、これについて、通信傍受に基づく措置であることを明らかに。 ダウナー外相は公共ラジオとのインタビューで、インドネシアでのテロ計画が最終段階にあるとの見方を示した。テロは観光地バリ島を含む同国内で、いつ起きてもおかしくない状態だが、具体的な標的や日時に関する情報は入っていないという。同外相によると、武装組織のメンバー同士はテロ計画について絶えず連絡を取り合っているとみられ、これを情報当局が傍受。インドネシア警察は「治安状況は良好」と発表しているが、ハワード・オーストラリア首相は「有力な情報がなければこのような警告は出さない」と述べ、情報の信用性を強調

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP