日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2015年09月04日 お知らせ

近畿運輸局発表/外国人PSC検査官、7日から船上訓練

近畿運輸局発表/外国人PSC検査官、7日から船上訓練
近畿運輸局がは7日から、外国人PSC(ポートステートコントロール)検査官を迎え、船上訓練を開始予定。日本の高度な検査技術を伝授し、母国のPSC検査に役立ててもらう。期間は16日まで。同訓練は、アジア太平洋の19ヶ国・地域が加盟するPSC検査技術標準化機関「東京MOU」が主催する中級PSC検査官研修(GTC5)の一環として実施する。同研修は、参加各国・地域のPSC検査官の検査知識・技術の向上と標準化を図り、検査効率を高めることを目的に毎年開かれている。今年は海外から22人の検査官が参加。約2週間、国際条約などの座学研修のほか、全国9ヶ所の地方運輸局で船上訓練を受ける。近畿運輸局はソロモン諸島、トンガ、トルコのPSC検査官3人を受け入れ、海上安全環境部の外国船舶監督官らが船上で検査知識や技術を伝授し、実践的な訓練を展開する。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP