日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2009年09月15日 お知らせ

関東運輸局発表/PSC8月2隻処分

関東運輸局発表/PSC8月2隻処分
国土交通省関東運輸局が、8月にPSC(ポートステートコントロール)を実施した外国船舶43隻のうち2隻を、重大な欠陥があるとして是正終了まで出港を差し止める処分を行ったと発表。拘留されたのは、一般貨物船「CHANG JIANG NO・7」(1988年建造、カンボジア船籍、1,376総トン、船会社JUSHENG SIPPING)と冷凍運搬船「LADY TUNA」(2007年建造、シンガポール船籍、4,534総トン、船会社SHINKO KAIUN)の2隻。「CHANG JIANG NO・7」の検査場所は横浜港。欠陥内容は舷灯隔板損傷で拘留日は8月17日、解除日は18日。「LADY TUNA」の検査場所は横須賀港、欠陥内容は機関室内の非常用消火関係の保護。拘留日は8月19日、解除日は21日だった。同局は船舶の安全運航と海洋環境保全の観点から管内の港に入港する外国船舶に対し、構造・設備の状態、船員の資格などが関係する国際条約に適合しているか検査している。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP