日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2009年05月15日 お知らせ

防衛省発表/海自哨戒機2機ソマリアに派遣

防衛省発表/海自哨戒機2機ソマリアに派遣
防衛相が、ソマリア沖の海賊対策のため、現行法の海上警備行動に基づき、海上自衛隊のP3C哨戒機2機の派遣命令を発令。6月上旬にも現地での警戒監視任務などを開始する見込み。同様の哨戒機についてはすでに数ヶ国が派遣しており、広範囲の警戒に当たることができる「空の目」として、海賊被害の予防に有効とされている。海自ではソマリア隣国のジブチにあるジブチ空港を拠点とする予定で、5月下旬に先遣隊を、6月上・中旬に本隊を派遣する日程を組んでいる。また、陸上自衛隊と航空自衛隊も併せて派遣される見込みで、それぞれ空港などの基地警備、人員・機材の輸送などに当たる。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP