日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2004年08月06日 お知らせ

IMO、改正SOLAS条約対応状況発表

IMO、改正SOLAS条約対応状況発表
IMOは7月1日に発効した改正SOLAS条約(海上人命安全条約)およびISPSコードの対応状況を発表した。各国政府の報告によると、港湾施設は対象9,000カ所以上のうち、89.5%が港湾施設保安規定(PFSP)の承認を得た。条約発効日の69%から拡大した。また、業界の報告によると、船舶の保安対策は、国際船舶保安証書(ISSC)取得率が条約発効日の86%から9割以上に拡大した。ただ、全体では対応率は伸びてきているが、アフリカで港湾保安対策が遅れているほか、旧ソ連地域、東欧の各国でも対応が遅れているとのこと。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP