日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2009年05月07日 お知らせ

APEC交通大臣会合声明/ソマリア沖海賊を非難

APEC交通大臣会合声明/ソマリア沖海賊を非難
国土交通省が4月28、29の両日にフィリピンのマニラで開かれた第6回APEC(アジア太平洋経済協力会議)交通大臣会合の結果を発表。共同声明では、ソマリア沖での商船被害が深刻となっている海賊問題について、同海域を含む航路がAPECの主要海上ルートで、APEC諸国の船員が従事していることから、外航船舶への海賊行為を強く非難。国連や関係機関の行動を支持し、より積極的な取り組みを促すことで合意している。海賊問題については、日本も自衛隊によるエスコートを行い、海賊対処新法の整備を進めていることを報告。また、7月のAPEC交通作業部会の場でソマリア沖海賊対策のためのセミナーを開催する予定を各国に伝えた。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP