日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2018年05月23日 お知らせ

EU海軍/フーシによる船舶攻撃はしばらく続くと予測

5月初旬にトルコ籍ばら積み船がイエメン沖でミサイル攻撃を受けたが、EU海軍(EUNAVFOR)の情報・保安担当者はこの攻撃について、フーシによるものとみてほぼ間違いないとの見解を示している。
この担当者によれば、この攻撃はばら積み船を連合軍艦艇と見誤って行われた可能性がある。
連合軍の攻勢により、特にフダイダ港周辺でフーシの地盤は徐々に失われており、数か月にわたって連合軍がフーシのフダイダへの補給線を遮断している。
しかしながら、イエメン内戦はいまだ衰えておらず、紅海で商船が誤射により攻撃に巻き込まれるリスクはしばらく続くと見られている。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP