日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2008年05月21日 お知らせ

GEセキュリティ/自社セキュリティ技術をCBPに申請へ

GEセキュリティ/自社セキュリティ技術をCBPに申請へ
GEセキュリティが、米国CBP(税関・国境警備局)が行うCSD(Container Security Devices)評価の次期フェーズに参加するため、独自セキュリティ技術「コマースガード」を申請する計画を発表。コマースガードは既に世界の主要20港以上で商業利用されているセキュリティ技術。コンテナの内部に設置し、ドアの開閉などを確認する。不正な開閉があった際のアラートや、輸送情報をリーダー(情報読取機器)に発信する。GEセキュリティ、三菱商事、サムソンC&T、シーメンス・ビルディングといった大手企業が提携し、世界的に供給している。CBPは港湾の安全確保のために、MATTSやACSD/CSDといった複数のセキュリティ技術の検証を進めている。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP