日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2018年05月08日 お知らせ

Guard/リビアでタンカーが拘束されるリスクについて警告

海上保険大手のGuardが、リビア向けタンカーの運航者に対し、リビア当局によるタンカーの拘束のリスクが高まっているとして警告。
Guardによれば、ここ数年で約300人の船員が油の密輸容疑をかけられ、リビア政府に拘束され裁判を待っている。
油の密輸はリビアにとって深刻な問題であり、リビア政府は密輸の撲滅に力を入れている。タンカーの拘束は多くは距岸25マイル以内で発生していることから、
Guardはリビアに入港またはリビアから出港するタンカーは決められた航路を航行し、出港後は距岸40マイル以上を維持することで拘束のリスクを低減することができるとしている。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP