日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2015年11月06日 お知らせ

IMB、OBP発表/西アフリカの海賊襲撃の3分の2は未報告

IMB、OBP発表/西アフリカの海賊襲撃の3分の2は未報告
西アフリカの好景気に伴い、ギニア湾のコンテナ船通航量が増加しており、同海域の海賊被害総額は年間5.65億~20億ドル(約694億~2,458億円)になると見積もられている。しかし、国際海事局(IMB)やOBP(Oceans Beyond Piracy)は、実際の襲撃の約3分の2が報告されておらず、誘拐や身代金支払いも秘匿されることがあるとしている。OBPは政府や海運業界は約9.83億ドル(約1,209億円)を海賊対策に費やしていると推定。2014年年は、船員1,035名が襲撃に遭っており、170名が拘束あるいは人質に取られた。襲撃の大部分は公海で発生した。また、EUによると違法漁業は沿岸国に年間3.5億ドルの損害をもたらしている。実際の漁獲高は報告されているより4割多いと考えられる。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP